レンタカーとは異なりナンバーは自由です

基本的に「わ」や「れ」の車のナンバーはどこの地域でもレンタルとされています。
意識する人はこれを恥ずかしかったり後ろめたく感じることもあるようです。
カーリース個人でも借りているという事はこういった規制があると勘違いされているお客様も少なくないようです。 車検証には契約する会社が記入されますが車庫証明と保管場所はお客様の名前が記載されます。 ですから大手と呼ばれるような所であれば、ほぼ、すべて購入と同じ様に希望したり変更も可能になります。 近所の人の目が気になったり、同僚や地元の友達にも判別はできないようになっています。 もちろん乗っている車種やメーカー、値段の高さだけで優劣が付けられるわけではありません。 しかし、これは特に男性の場合はそういった部分を気にせざるを得ない状況も少なからずあります。 年齢や役職、収入などを外部から勝手にグレードによって決めつけられてしまうからです。 気にすることはありませんし、別に気にしなければ良い問題なのですが、やはり、ここではコミュニケーションの話題やトピックの一つとなることは絶対です。 マイナスなのは未だにこのシステムが、あくまで借りているだけというものです。 古いような先入観が残っているというのも事実です。 特に40代以上は住宅も含めて無理をしてでも、良いものをローンで購入するという事に対して美学を抱いているケースも頻繁に見られます。 しかし、これはナンバーだけでなく現代社会では柔軟に様々な状況に対応できる方が、結果的には損をしない無理をしない暮らしができるのではないでしょうか。 こういった的確な情報も多くなっていますので、昔ながらの流れだけが、けして、確実で正解ではありません。

一般的にナンバーで判定する事は不可能です


ナンバーだけでなくカスタムやドレスアップの改造を考えている

基本的にはナンバーだけでなく、オプションでカスタム改造をしたりホイールやタイヤなどをドレスアップ交換したりしたいお客様は、カーリース個人には向いていません。
自分の物を持つ醍醐味としてこういった好みに合わせてパーツを変更できるというものがあります。
結果として会社によってオプションがどれくらいあるかは異なりますが、あくまで通常の一般的なものとなります。 それ以上を希望する場合は、査定の審査の時には元に戻す作業を自腹で行ってする必要があります。 そういった部分が敬遠されるとインターネット上では言われていますが、これは根本的には何らかの理由がない限りはカスタムがしたいお客様はそもそも選択しないでしょう。 もちろん喫煙をする方などは汚れという意味では影響がないとは言い切れません。 それでもこれは分厚いマットを敷いたりカバーを付けるなど防げる所も出てきます。 普通に丁寧に乗っていて経年劣化で汚れる分は仕方がないですが、やはり人間が判断するうえでイメージは少なからずありますので些細なケアで数万円変わるなんてことはなくはないのです。 これらを踏まえると、金銭面ではなく試行的に返済できる範囲の短期ローンを組んで購入した方が良いお客様もいます。 4桁のナンバーはある程度の自由がありますがドレスアップの派手な改造をしたかったり、弄りたい部分がある際はその分を差し引いて計算をしなくてはいけません。

ナンバーを光らせたり改造をあまりおすすめできない


ナンバーにはデメリットはないが中途解約金の不安

購入とカーリース個人の比較をすると必ず出てくるのがナンバーの問題ではなく、途中で何らかの理由で解約をした際に発生する違約金です。
ただ注意をしなければいけないのは、事故を起こした時の保険や修理などはどちらも変わらないという事です。
自分の車ではないからより安全に運転をしなければいけない、レンタルやシェアリングと一緒で初心者には向いていなく、ある程度経験やスキルを持っていたほうが良いというのは間違いです。 基本的には形状に関わらず、常に注意をしてマナーを守り運転をしなければいけませんし、その事は今後も変わらないでしょう。 そういった意味で、万が一、自分の持ち物となることで気が緩むのであれば、根本、そういう場合は乗車することを辞めたほうが良いと言えるのではないでしょうか。 それ以外の理由で途中で辞めたい場合は、確かに購入したケースで途中で下取りをしてもらうということ比較すると損をしてしまうことはあります。 以上を踏まえると、事前にある程度計画性を持っていなければ、多少のリスクは伴うという事です。 しかしそれも短期間で在ればそこまでの差はないと言えるのではないでしょうか。 ナンバーや改造や変更ができないという問題よりは、得られる収入と支払いのバランスを絶対に必需品として捉えているのであれば考えていかなくてはいけません。 これは都内で他の交通手段があったり、セカンドカーなどで贅沢品という捉え方であればどうでしょうか。 そこまでシビアになる必要はありませんが、無くてはならないものであればあるほど冷静に落ち着いて将来を見据えて損をしないようにしていかなければいけません。

ナンバーの問題はないが違約金は負担になる


動画でスマートビークルの口コミや最新情報をチェック


スマートビークルのカーリース個人

いまのりくんカーリース個人

個人のカーリースで失敗

カーリースは頭金の費用なし

HOME

このページの先頭へ